福岡・蹴った車は”覆面パトカー”!「俺ひきそうになったやろ」42歳の男を現行犯逮捕

 器物損壊の疑いで現行犯逮捕されたのは、北九州市の自称・自営業、斉藤秀夫容疑者(42)。8日午前2時すぎ、北九州市小倉北区の路上で覆面パトカーを蹴ったとされる。よりによってなぜ警察車両を…。容疑者は酒に酔った状態で横断歩道を渡り、車にひかれそうになったということだ。現場の100メートルほど手前の交差点。車はそのまま走り去ったという。腹を立てた斉藤容疑者。追い掛け追い付いたはずだった。容疑者は止まっていた車の助手席のドアの部分をいきなり蹴り付けたということだ。しかし、これは完全なる勘違い。蹴ったのはたまたま信号待ちをしていた覆面パトカーで、私服の警察官が乗っていた。ドアには傷が付き、もちろんその場で逮捕された。どんな車であれ、蹴ってはいけない。しかし、間違えて覆面パトカーを蹴ってしまった斉藤容疑者はかなりの運のなさ。ちなみに、ひきそうになった車はすでに走り去ったとみられる。警察は詳しい経緯などを調べている。