【※純愛※】バス停で見かける少女。少女「お、おはようございます」 男「え?ああ、おはよう」年齢差がある二人の距離が少しずつ縮まり・・・

男(そういえば怪しい人には挨拶しろって今の子は言われてるんだっけ……?)

男(俺、怪しいのか……)

少女「あ、バスだ」

男(普通だと思うんだけどなぁ)

少女「……」

―――翌日 バス停

男「……」

少女「おはようございます」

男「あ、お、おはよう」

少女(毎日会ってるし……お話しないと変かな?)

男「……」

少女「あの」

男「え?なに?」

少女「今日も暑いですね」

男「うん。そうだね」

少女「……」

男「……」

少女(会話止まった……)

少女「バスだ……」

少女「……」

男(話しかけたいけど……変な人だと思われるよな……)

少女「あの」

男「え?なに?」

男(向こうから話しかけてきた……別に警戒されてないのか……?)

少女「今日も暑いですね」

男「うん。そうだね」

少女「……」

男(何か話題は……中学生ぐらいの女の子ってどんな話なら食いつくんだ……?)

少女「……」

男(バスが来ちゃったか……)

男(まあ、別に無理に話すことはないよな)

―――翌日 バス停

男(今日は俺から挨拶するか……)

少女(あ……来た)

男「おはよう」

少女「おはようございます」

男(話題……)

少女(今日の小テスト自信ないなぁ)

男「あ、あの」

少女「はい?」

男「今日も暑いな」

少女「そうですね」

男(あ……昨日と同じじゃないか……)

少女(今のうちにちょっと予習しとかなくちゃ)

男「あ、バスだ」

少女(憂鬱……)

―――翌日 バス停

男(よし)

少女(……なんだろう。やけに気合い入ってるけど……なにかあるのかな?)

男「おはよう」

少女「おはようございます」

男「今日は涼しいな。やっと秋って感じになった」

少女「そうですね。もう九月も後半ですし」

男「えっと……中学生なの?」

少女「え……?」

男(やば……・やっぱりこんなことを訊ねるのはまずかったか……)

少女(はぁ……高校生なのに……)

男(露骨に変な顔された……やっちまったか……)

少女(早く大人になりたいなぁ)