※号泣注意 父が他界して、私と母は貧乏な暮らしをしていた。小学生の時、担任の先生がいつも気にかけてくれていて…

406: ななしのいるせいかつ 2007/02/07(水) 11:11:50
私も家が貧乏だった。
早くに父が他界して、母と二人暮し。
多分、給食費を払うのも精一杯だったと思う。
1,2年の担任の先生がいつも気にかけてくれていた。

406: ななしのいるせいかつ 2007/02/07(水) 11:11:50
新たに教材を揃えないといけない時は、前年の残りや先生の物をコソっと分けてくれた。
文房具も揃えきれない私に先生は、成績が上がる度や、毎年誕生月に
鉛筆、ノート、消しゴムなどを「皆にはナイショだよ。」と言ってプレゼントしてくれた。
それは小学校を卒業して、中学生になっても続けてくれた。
私が高校生になるのをとても楽しみにしてくれていたのだが、
私の制服姿を見て貰える事無く、突然この世を去ってしまった。

高校生になって、アルバイトで初めて貰った給料でネクタイを買った。
初めて稼いだお金は、先生へのお礼に使いたいとずっと思っていた。
母も賛成してくれた。
休日、二人で先生宅を訪れ、奥様に今までの経緯とお礼を述べ、
持参したネクタイを受け取ってもらうと、奥様はふと想い出したように席を立たれた。