一周忌・小林麻央さん、成田屋代々のお墓に入れるかどうか歌舞伎界で賛否の声が出たワケとは?

「昨年9月に納骨が行われました。墓石には麻央さんの諡(おくりな)が彫られ、海老蔵さんの父・團十郎さんと同じお墓に眠っています」(スポーツ紙記者)

 麻央さんのお墓をめぐっては、さまざまな意見が歌舞伎界で飛び交っていたという。

「彼女のお骨を成田屋代々の墓に入れるかどうかは賛否両論ありました。海老蔵さんに後妻をめとって歌舞伎にいそしんでほしいという願いがあるため、後妻とモメる原因をつくりたくなかったからです。

 無事にお墓に入れたのも海老蔵さんの“麻央と最後まで一緒に”の強い思いのおかげでしょう」(梨園関係者)

しかし、海老蔵と麻央さんが生活をともにした高級住宅街にある一軒家は、現在も“もぬけの殻”状態。

「麻央さんの闘病で少し離れたマンションに移って以降、海老蔵さんの姿は全然見かけません。5月上旬にはスタッフらしき人が車に段ボールを積んでいるところは見ましたね。ときどき人の出入りはあるようです。家に残した荷物を取りに来ているのではないでしょうか」(近隣住民)