坂上忍、今年の競艇は1500万円の損失だったと告白!しかし昨年の損失額は…

坂上忍

坂上忍、今年の競艇の損失額を明かすも昨年の損失額に共演者唖然

俳優の坂上忍が15日に放送された日本テレビ系バラエティ番組「1周回って知らない話」の2時間スペシャルの出演し、毎年恒例の正月の競艇について語りました。

今年は1500万円損失

坂上忍
毎年、1年間稼いだお金を正月の競艇に使っているという坂上は、今年の勝負について質問され「負けました」と答えました。

金額を聞かれると小さな声で「1500万円」と打ち明けました。

しかし、昨年の損失額があまりにも大きく、なんとその額は6000万円だったそうです。

坂上はギャンブルでの負けを仕事のモチベーションに変えているとのことで「負けたら働く」という内容の話は前から言っていました。

「昨年は本当にやばかった。昨年は負けたの。その前は勝った」と振り返り、昨年の損失額は「6,000万円」だったと告白すると、スタジオから「えー!」と驚きの声が。坂上はギャンブルでの負けを仕事を頑張るモチベーションにしているそうで、「負けたら働くから」と話した。

また、MCの東野幸治が「負けた瞬間は暴れまわったりとか?」と聞くと、「それだったらまだマシな方」と答え、ものすごい多額の金額を負けたときは「泣くんです」と説明。「無感情の涙。生きている中で一番クズと思える瞬間」と語った。

坂上忍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。