AKB48が乃木坂46・欅坂46とコラボし「坂道AKB」そしてシングルを発売するも疑問の声多数

AKB

AKBグループ、ついにライバルグループともコラボを発表しファンが疑問を呈す

2月4日にパシフィコ横浜で開催されたイベントでAKB最新シングルが発表されました。
3月15日に発売というアナウンスがあり、2月2日に卒業する小嶋陽菜の最後のシングルとなります。

しかし、これに対してファンが物議を醸しています。

ライバルグループとのコラボ曲

乃木坂
欅坂
このシングルにはカップリング曲が収録されており、この曲に対してファンからの批判が寄せられています。
それは、公式ライバルであるはずの「乃木坂46」と「欅坂46」がコラボして「坂道AKB」という名義で曲が収録されているためです。

これにはファンも怒りを表しており、3グループいずれのファンからも「違うのではないか」と物議を醸しています。

過去にもライバルグループであるAKBと乃木坂を兼任したメンバーがおり、その時も物議を醸しました。

両グループは音楽番組でコラボしたことはあります。

ネットでは、そんな坂道AKBが物議を醸しており、
「音楽番組とかでコラボしましたってぐらいならまだしも、CDとして売る物に坂道を混ぜてくるとか個人的に気に入らないな。売上のことしか考えてないでしょ」

「48Gと46Gは一緒にしないで欲しかった…。せめて坂道Gが一緒になるならいいけど」

「世間が一括りにするのは分かるけど運営側が一括りにするなって話ですよ」

AKB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。