「ビッグダディ」林下清志が7度目の離婚をしていたことを発表!居酒屋で初対面の女性と婚約するも即破局

ビッグダディ 離婚

ビッグダディ、ついに7度目の離婚でさすがに反省

「ビッグダディ」こと林下清志(51)が26日深夜、テレビ東京系番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」に出演し、昨年の5月に一般女性と離婚していたことを告白しました。

7度目の離婚の内容

ビッグダディ 離婚

7度目の結婚相手について林下氏は「居酒屋で出会った女性」と明かし「(彼女は)結婚願望を持っていて、すぐに結婚してくれる男性がいたらと、常に婚姻届を持っていた」と説明。これに林下氏も「面白いな! じゃあ俺が書くよ」と、その場ですぐに婚姻届を記入。居酒屋の店主が保証人になったという。

また、結婚後は税金や保険などの問題が発生することも考え「色んなことが絡んでくるから、すぐに離婚しないと面倒くさい」と、離婚届も彼女に渡していたという林下氏。彼女の様子についても「結婚しても離婚しても、俺の戸籍抄本には、ずっと嫁として名前が残るよって言ったらすごく喜んでくれた」と明かした。

林下さんは過去7回の離婚を経て現在10人の子供がいるそうです。
番組のトーク終盤ではここ4年で4回離婚していることから林下さんは「これは酷い、さすがに酷いですよね」と反省の色を見せていました。

結婚を「制度」としか見ていないという世の女性を敵に回しかねない発言をして出演者から総突っ込みを浴びていました。

ビッグダディ 離婚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。