横山由依が豆腐屋に転身した姿が可愛いと話題に(画像)

横山由依

横山由依、豆腐屋になった姿を披露し可愛いと絶賛

AKB48メンバーが様々なドラマに挑戦するという企画で、今度は「女子プロレス」という内容に決まりました。
以前にはヤンキーやキャバ嬢などの設定でドラマを演じており、アイドルとして活躍しているいつもの姿をは一味違った姿に話題となっています。

AKBドラマ「豆腐プロレス」

豆腐プロレスは1月21日から放送されており、メンバーが女子プロレスラーに挑戦するという斬新な内容になっています。
宮脇咲良や横山由依、松井珠理奈など人気メンバーが出演しており、文字通り女子プロレスを繰り広げるドラマです。

2クール放送ということで6か月間の間、メンバーはプロレスに挑戦するようですが、監督の秋元康が気まぐれのため途中で展開がガラッと変わる可能性も十分考えられるそうです。

その中で横山由依が豆腐屋として働いている姿がツイッターに投稿され、可愛いとの声が相次いでいます。
横山は劇中では「錦糸町道場で最後に残ったプロレスラー」という肩書を持っており、ドラマの鍵を握っている役とも言えます。

そんな横山の豆腐屋画像を紹介します。
横山由依 豆腐
横山由依
横山はツイッターで「昔、パン屋で働いていた時もこんな感じの格好をしていた」とコメントしており、ネットでは「こんな可愛い豆腐屋の娘がいたら…」と妄想を巡らせているようです。

ドラマはテレビ朝日で毎週土曜日24時35分に放送されます。

横山由依

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。