平成30年で終了、2019年から新しい元号へ…早くも世間では続々と予想がされる

元号

平成の次の元号は何になる?世代問わず様々な予想が

昨年から話題になっていますが、天皇退位がほぼ確定的となり元号の変更も検討されるようになりました。
平成は30年で終わりを迎え、2019年からは新たな元号が設定されることになります。

新しい元号の予想

これまで日本では247もの元号が採用されてきました。
2019年から新たな元号が採用されるということで、日本中で様々な予想がされています。

昭和から平成に変更された時にはカレンダーやネット上など変更作業に追われる人が続出し混乱を招いたため、今度の変更時は1月1日に変更する半年前に新元号を発表する方針で検討しているそうです。

ここで新元号予想の声を紹介します。

30代:「悠輝(ゆうき)。永遠に輝くようになってほしい」

 30代:「温笑(おんしょう)。温かい笑顔が広がるように」

 70代:「新生(しんせい)。生まれ変わったつもりで頑張ってほしい」

 70代:「新成(しんせい)。新しく成り立つ年に」

 10代:「日成(にっせい)。日本がこれから成長していけるように」

 70代:「安成(あんせい)。世界が安定し安らかになるように」

 20代:「未豊(みほう)。未来が豊かになるように」

 20代:「新照(しんしょう)。新しい照らし方をしていきたい」

新たな元号は一体どんなものになるのか…。
2018年の夏頃に発表されるまで楽しみに待ちましょう。

元号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。