スマスマ最終回、ラストに木村拓哉が一人だけ残る映像を流した理由が判明

スマスマ

スマスマ最終回で木村拓哉が最後に一人だけ残った切ない理由

26日に最終回を迎えたスマスマこと「SMAP×SMAP」ですが、メンバーの生出演が無かったことから賛否両論が飛び交いました。
そんな中、一番ラストでメンバーが一人ずつ画面から去っていく場面について衝撃的な理由が判明しました。

スマスマ最終回、最後のシーンの真相

スマスマで最後に歌った曲は「世界に一つだけの花」でした。
歌い終わると中居は背を向け号泣するなどして「最後」を思わせる展開となりました。

しかし、本当の最後はこの後に待っていました。

収録が終わって、メンバーがステージから消えていく場面が放映されました。
一人ひとり順番に控室へと帰っていくのですが、最後に残ったのは木村でした。

木村だけがすぐに帰らず、数秒、立ち尽くしていた…。
この演出に対して衝撃の真相が明らかにされました。

番組関係者は「あれは放送事故ではありません。スマスマの最終回はジャニーズ事務所と何度も打ち合わせを重ねている。その結果、問題のシーンの放映にGOが出た。これが何を意味するか? 一連の騒動で亀裂が入った中居ら独立画策組と、ジャニーズ残留を決めた木村の関係は、もう修復不可能。そのことを現実としてファンに提示する必要があると考えたからです。あれが、今現在のSMAPの姿なのです」と話す。

 最終回特番では、デビューからのSMAPの歩みが紹介され、メンバー5人が笑顔ではしゃぐシーンも多く映し出された。それを見たファンは涙し、心の中で「またいつか……」と再結成を望んだことだろう。

 しかし、その淡い期待は最後の木村の“ぼっち映像”で消え去った。

「あれが今のSMAP」

 この言葉にすべてが集約されている。あまりにも切ないラストシーンだった。
http://news.livedoor.com

スマスマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。