ピコ太郎がドクターXとまさかのコラボ!最終回で出演、PPAPを踊る

ピコ太郎

ピコ太郎がドクターXの最終回に出演しPPAPを披露

ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)で今年大ブレイクを果たしたピコ太郎が同じく今年大ブレイクしたドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の最終回に出演することが判明しました。

大門未知子とピコ太郎

ピコ太郎のプロデューサーとされている芸人の古坂大魔王が最終回に登場することが判明し話題になっています。
古坂は米倉涼子演じる未知子と岸部一徳演じる榊原の前に現れ騒動を起こす男を演じているとのこと。

撮影現場ではピコ太郎が米倉と岸部にPPAPダンスを直伝する一面も見られ、最後は3人で完璧に踊っている姿が見られるなど盛り上がったようです。

「放送を見て、興奮した」というピコ太郎は、米倉と岸部に「PPAPの正式な踊り方を伝授したい」と志願。バレエ歴の長い米倉には「バレエの概念は捨ててください。“ウッ!”は愛情と憎悪の中間くらいで」と鬼指導。最後は3人で「PPAP」を完璧に歌い踊り現場をわかせた。

米倉は「ヒョウ柄の衣装で踊りたかった。完コピできなくて悔しい」とノリノリ。ピコ太郎は「米倉さんはいい女ですね~。一緒にPPAPできるなんて、テニスでいえば前衛じゃなくて後衛(光栄)」と感激だった。この冬話題のツートップの“共演”で視聴率はさらに、跳ね上がりそうだ。

ピコ太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。