ビーム光線のような鳴き声をする鳥が発見される!その完成度の高さに衝撃を受ける人が続出(動画)

コトドリ

鳴き声がビーム光線のような鳥が話題に

美しい鳴き声だったり独特な鳴き声だったりと、鳥たちはいつも素晴らしい声を披露してくれます。
しかし、オーストラリアで見つかった鳥の鳴き声があまりにも衝撃的だということで撮影した動画が話題になっています。

その鳴き声はまるでビーム光線のようで、一体どんな出し方をしているのか気になってしまいます。
今回はその『ビーム光線を発射する鳥』の動画を紹介します。

本物!?ビーム光線を照射する鳥

映画などで聞くようなビーム光線の音にそっくりですね!
機械で作った音と比べても全く違和感が無いように思います。

この鳥の名前はコトドリというようで、人口物の音を真似することで有名なんだそうです。
オーストラリアでは硬貨の絵柄にもなっているようで、日本でいうとハトのような位置づけでしょうか。

地上で、腐葉土や腐った木の枝を脚で後ろにかき出しながら、地中の昆虫やミミズなどの無脊椎動物を探しだし捕食する。

繁殖期になると雄は、1mほどの塚を落ち葉や枯れ木などをかき集めて作り、その上でディスプレイを行う。ディスプレイは飾り羽のついた尾羽を上に持ち上げ、飾り羽を自分の体の上に覆うようにし、他の鳥類の鳴き声をまねながらダンスをする。個体によっては人語の他、カメラのシャッター音、チェーンソーの音、車のブレーキ音など人工的な音を真似することが知られている。

雌は1羽で巣を作り、一回の産卵で1つの卵を産み、子育てを行う。

コトドリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。