長野県の公用車が痛車になって登場、毎日市内を走りPRか(画像)

公用車

長野県の公用車が痛車に改造される

公用車が痛車でも許されるのかはグレーゾーンらしく、本来ならば厳粛なイメージを持つ行政機関がこのようなことをすべきではないと言われるそうです。
しかし、その上で痛車に改造したというのは一つの思惑があったからだと言います。

長野をPRするための作戦

痛公用車
11日、長野県飯田市の市長が公用車の痛車をリリースしたという発表をしました。
ご当地美少女キャラクターの「ナミキちゃん」を車にラッピングしド派手な車体に仕上がっています。

同市ではこれまでにもナミキちゃんの痛自家用車やタクシーを見かけることが出来たそうですが、公用車が登場したのは全国でも初めてとのことです。

この事実を中国メディアは次のように紹介しています。

今の中国では、若者を中心に日本のアニメ・マンガ文化を愛する人が多い。
日本で生まれた「萌え」、「腐女子」といった言葉もどんどん中国に輸出され、現地のネットスラングとして定着しつつある。
「痛車」に対する理解も深い彼らであるが、その波が公用車にまで及んだとなると、さすがにビックリするだろう。

 中国メディア・今日頭条は10日、「さすがは日本、行政の公用車まで『痛車』化した・・・」とする記事を掲載した。
記事は、日本ではアニメやマンガのキャラクターを自動車全体に描いてラッピングする「痛車」が決して少なくないと説明。

やはり海外から見ても異端な存在のようで、批判などはせずに「さすが日本」と何か一周回ったようなコメントをしているようです。
この痛公用車が庁舎内に出入りする姿を見る日も近いかもしれませんね。

公用車

3 件のコメント

  • ”長野県の公用車が痛車に”っていうから警察のおにーさんかな?って思ったら違った

    0  1 -1

  • 公用車を痛車にするのはあれやけどこのキャラクター自体は地域おこしに役立ったり人気だったりするんやで……

    0  0 0

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。