トトロの名前は偽名だった!公式の回答でトトロの正体が判明

トトロ 名前

トトロの名前が偽名だったことが判明!公式の回答で判明した本名がこちら

ジブリアニメに都市伝説が多くあるのはご存知かと思いますが、となりのトトロも多くの都市伝説があります。
今回新しい都市伝説について公式からの回答があったため紹介します。

トトロの本名とは

となりのトトロが初公開されてから30年近くが経ちましたが、現在も根強い人気を誇っています。
その中でいくつもの都市伝説が生まれましたが、最近「トトロの名前は本名ではない」という噂が出回っていました。
この真相を探るべくツイッターのユーザーが公式から回答を引っ張ってきました。

公式の見解はこちらです。
『トトロの本名は「ミミンズク」です。中トトロは「ズク」小トトロは「ミン」という設定です。宮崎駿監督の知り合いの女の子が「所沢のおばけ」を「ととろざわ」と発音したため愛称として使用した』とのことです。

さらっと衝撃的なことを言っていますが、トトロの名前はミミンズクだということが判明してしまいました。
トトロと呼ぶかミミンズクと呼ぶかはアナタ次第です。

他にも衝撃的な都市伝説が

●原作の『隣のととろ』は地獄巡りを描いた恐怖小説

映画『となりのトトロ』には”幻の原作”と言われる小説版が存在する。その内容は、簡単に言ってしまうとサツキとメイの「地獄巡り」を描いた恐怖小説だ。

小説版のトトロは、「死期の近い人間の前にのみ現われる化け物」として描かれ、その容姿に関する描写も「胃がひっくり返りそうな程の濃密な獣臭。見上げると、そこに夜色の長い毛に全身を覆われた巨獣が居た」、「ずんぐりむっくりの毛むくじゃらで、大きな胴体に見合わず、針金を連想させる細長い手と足が十数本、ねじくれて出鱈目に生えていた」、「顔に当たる部分には目も鼻も耳も無く、顔の三分の一近くを占めるほどの、側頭部まで裂けた巨大な口から、血と腐りかけの魚のような生臭い臭いが漏れていた」など、映画とは全然異なっている。

また小説版の物語は、周囲の人々から迫害されて、お母さんは死亡。お父さんも酒に溺れてサツキとメイに暴力を振るうなど荒んだ生活が描かれている。やがてメイは心が壊れてしまい、「お母さんに会いに行こう」と笑いながら自殺(!)。物語後半は、メイがお母さんに遭うために死後の世界を旅する展開に。

そしてサツキは、地獄に行ってしまったメイ(映画では”病院への道を間違える”という描写になっている)の魂を助けるために、生きたまま地獄へ行くことを決意。ネコバスに乗るシーンは「巨大なネコの化け物に食べられ、その胃の中で邪魔な肉体を溶かして魂だけになる」という設定になっている。

●サツキとメイの魂の解放を描いている

宮崎駿監督は『となりのトトロ』の製作発表記者会見の席で、「この映画はサツキとメイの魂の解放なんです」と謎の発言をしている。いったいどういう意味なのか?

●映画のストーリーは「狭山事件」を元に創作された

1963年5月1日に埼玉県・狭山市で女の子が誘拐され殺されるという事件が発生した。この事件と『となりのトトロ』には奇妙な共通点が見受けられるという。

(1) 『トトロ』の舞台は埼玉県所沢市で、狭山市と隣接している。

(2) サツキ(=皐月)とメイ(=May)はどちらも5月を表す名前であり、物語も事件が起きた時と同じ5月を描いている。

(3) 事件後に、行方不明になった妹を必死に探す姉の姿が目撃されている。

(4) 妹の遺体が見つかった時、姉は錯乱状態に陥り「猫のお化けを見た」「大きな狸に会った」などの謎の言葉を発したらしい。

トトロ 名前

229 件のコメント

  • と、トトロのモノマネ…w?!

    1  0 +1

  • トトロで一番好きなシーン、ばぁちゃんが「メ~~~イちゃ~~~~~ん」って言うとこ笑笑

    1  0 +1

  • というわけでももいろ和楽器レボリューション観る。トトロまで

    1  0 +1

  • うわあああああ!!!!今日トトロやんトトロ!!!!!!!!
    \( ‘ω’)/ヒィヤッハァァァァァァァア!!!

    1  0 +1

  • いまトトロのモブで駐在に知らせた方がいいな
    って声がどことなく千葉繁はんだった

    0  0 0

  • トトロ久々に見たらなんか泣きそう…
    いい話だ~

    0  0 0

  • 「トトロいたもん!」の文鳥さん達可愛すぎる…(*´Д`*)

    0  0 0

  • この歳になるとトトロ見て泣けてくるんだよなぁ

    0  0 0

  • トトロはやっぱり狭山事件しか思いつかん

    0  0 0

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。