東京都で大規模停電発生!最大35万戸に影響。埼玉県新座市の東電関係施設火災が原因か。

%e9%bb%92%e7%85%99

2016年10月12日午後15時過ぎに東京都を中心とした大規模停電が発生しました。

12日、東京都内の港区、豊島区、板橋区、新宿区の4つの区で大規模な停電が起きており、一時、35万件以上が停電した。

 現在は復旧に向かっているということだが、東京電力によると、午後3時50分現在も22万件ほどが停電しているという。警察に入った情報によると、埼玉県新座市にある東京電力の関係施設から煙が上がっているということで、東京電力などが関連を調べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/

東京電力によりますと、12日午後3時半ごろから東京の中央区、港区、千代田区、それに豊島区を中心に停電が発生し、停電の戸数は一時、35万戸に上りました。
東京電力によりますと、送電ルートを変えるシステムによって、停電は午後4時25分ごろ、復旧したということです。
これより前の午後2時50分ごろには、埼玉県新座市にある東京電力の地下の無人の施設で火災が起き、通気口から激しく黒い煙が上がりました。
東京電力によりますと、この施設には、新座市の変電所と東京・豊島区の変電所をつなぐ送電線のケーブルがあり、何らかの原因でケーブルを覆う絶縁体が破損し、火災が発生したということで、この施設で起きたトラブルが原因と見て詳しく調べています。
東京電力では、ケーブルを覆う絶縁体に油が使われていることから、この油に引火して豊島区の変電所につながるケーブルだけでなく、隣接して敷設されている練馬区の変電所につながるケーブルにも被害が広がったのではないかとしています。
http://www3.nhk.or.jp/

菅義偉官房長官も同日午後の記者会見で、都内で発生した大規模停電について「全て解消した」と説明した。
 東電や埼玉県警などによると、火災が起きたのは、配線設備などがある同社の施設で、黒煙が上がっているとの情報がある。現在、消防車や救急車計7台が出動し、消火作業に当たっている。これまでのところ、けが人などはいないという。
http://www.jiji.com

%e9%95%b7%e8%9b%87%e3%81%ae%e5%88%97

大規模停電の影響で入場制限がかかり混乱する西武池袋線池袋駅

%e9%bb%92%e7%85%99

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。